リスクの低い新築アパート投資術|有利な不動産投資方法

ウーマン

管理システムのサービス

紳士

オプションとしての提供

賃貸経営をするときに有用なのが不動産管理システムですが、そのオプションサービスとして家賃保証が提供されていることがあります。もともと不動産管理システムを使用するつもりであったなら、新たに家賃保証会社と契約を結ぶ必要もなく保証を受けられるでしょう。基本的に内容は同じであり、家賃の滞納があった場合にはシステムを提供している会社が家賃分のお金を保証してくれる仕組みになっています。その後に徴収が必要な場合にはその会社が行ってくれるため、債務徴収の負担がない点でも同じです。家賃保証を利用したいときにもし不動産管理システムを使っているなら、オプションサービスとして提供されているかを確認してみると良いでしょう。

状況管理が簡単に行える

不動産管理システムを利用して家賃保証を行ってもらう方法はあえて選ぶメリットもあります。システム上でほとんどの賃貸管理を行えるのが不動産管理システムの特徴であり、家賃に関しても適切な情報が記録されていきます。家賃保証を申込んだ場合には、家賃の滞納があったことの記録が自動的に残されるのです。そして、会社側が徴収を行った結果として、いつ回収が達成されたかについても記録が残ります。これを見ることによって滞納した入居者が、今後も滞納を続ける可能性があるかについて吟味することができるでしょう。状況管理を行えるため、リスクが高い入居者を把握する目的で活用できるのが不動産管理システムのオプションとして利用する家賃保証なのです。