リスクの低い新築アパート投資術|有利な不動産投資方法

ウーマン

ビジネス戦略の一環

握手

成長曲線の予測

企業は、自社の事業の規模拡大やシェア拡大を行う事で業績を伸ばしていきます。しかし同業他社の数の増加や、消費者ニーズの高くなどにより、事業の多角化は年々難しくなっています。加えてビジネスのスピードも速くなっている事もあり、一から事業を始めて成長させることを試みても、成長した段階ではすでに成熟市場になっている事も想定されるのです。いち早くビジネスを拡大させる方法として企業買収があります。シェアの拡大も同時にすることができるなどのメリットも持っているため、メリットが大きくなります。しかしすでに事業を展開させている企業買収を行うと、環境の変化などによって今までの成長曲線を描けなくなる可能性もあるのです。

買収後の戦略が大事

企業買収は、需要と供給のバランスによって実現できるものです。そのため売り手側の状況も必要になるのです。売り手側は、できる限り企業を高値で売却する事を望んでいます。多くの企業では、企業買収を行なう前にまずは不動産会社を利用して売却するビルの査定をしてもらっているのです。それにより、買い手が望む金額より高くなっていることも多く、それが企業買収を失敗にさせる要因にもなっています。企業買収によって売り上げ規模は一時的に減少します。そして環境の変化に対応させるなどの工夫を行わないと低収益から脱することができないのです。企業買収は企業を拡大させるための一つの戦略でありますが、本当に大事なのでは買収後の企業をどのように成長させるかなのです。この戦略が正しく行われないとせっかくの企業買収も失敗させてしまう要因になってしまうのです。