リスクの低い新築アパート投資術|有利な不動産投資方法

男性

新築のメリットは

アパート

不動産投資を行うさいの選択肢としては新築と中古の2種類があります。一般には中古の方がある程度の収益性を見ることができるので不動産投資では有利とされますが、新築にも良いメリットがあります。例えば新築の場合には、金融機関から融資を受ける場合には第三者査定が入るということで、この場合には販売する不動産会社に対して金融機関がチェックをしてくれるので無駄に高い物件を掴まされずに済みます。また新築の状態であれば長期間に亘っての利用が可能で場合によっては長期空室保証を受けられる場合があり、この場合には毎月の家賃収入を安定化することができます。また新築では税制上のメリットもあり、そのため投資目的のほか相続対策として行う人もいます。

十分に利益を得ることが可能な不動産投資であれば新築であってもリスクを最小限にすることができます。一方で不動産投資ではその規模がリスクになる場合があります。新築マンションの場合には億という単位のお金が必要になり、空室が出た場合のリスクが高いですが、新築アパートの場合には数千万円台で作ることが可能で、空室が出てもリスクが低いメリットがあります。新築アパートのメリットとしては、建設費が安いということで、短期間のうちに建設費を回収することができれば大きな利益を生むことが可能です。またアパートの場合には中古アパートと新築アパートの家賃の差がそれほどないので新築アパートの方が入居率が良いので投資に成功する確率が高まります。

管理システムのサービス

紳士

不動産管理システムのオプションサービスとして家賃保証が選べる場合もあり、通常と同様の保証を受けることができます。システム上に家賃の滞納や回収の記録が残されて状況管理が行えるため、リスクのある入居者を把握しやすいのが特徴です。

どのような会社を選ぶか

マンション

マンション管理会社は、大手から地域に密着したものまでたくさんのものがあります。それぞれメリット、デメリットがあるので自分にあった管理会社を見つけてマンション管理をしてもらう事が重要です。良い管理会社を見つけられれば安心する事が出来ます。

ビジネス戦略の一環

握手

企業の事業の拡大やシェア拡大の戦略方法のひとつとして企業買収が行われます。しかしそれを成功させる確率は低くなっているのです。あくまでも買収は、戦略の入り口であり、本当に重要なのは、買収後の企業成長の戦略なのです。